ウォーターサーバーを導入するデメリット

ウォーターサーバーは電気代が意外と高い!

美味しい天然水がいつでも手軽に飲めたり、お湯を使ってコーヒーをすぐに作れたりなど、ウォーターサーバーには様々なメリットがあります。しかし、実際に使ってみなければわからないような、デメリットがいくつかあることも事実です。このため予め利点と欠点の両方を把握しておかなければ、契約してから後悔してしまう危険性があります。
ウォーターサーバーのデメリットとしてまず挙げられるのが、電気代が意外と高いことです。ウォーターサーバーはいつでも冷たいお水と熱いお湯の両方が利用可能なので、常に電気を利用していることになります。サーバーの平均的な電気代は月1,000円と言われており、年額の場合は12,000円です。人によって考え方が違いますが、この電気代を高いと感じる人も少なくないようです。

設置場所とお水の料金も悩みの種

ウォーターサーバーの第2のデメリットとして挙げられるのが、設置場所が必要になることです。広いリビングがあれば問題ないかもしれませんが、もともと狭い部屋に住んでいる人の場合、どうしても場所を取ってしまいます。サーバーの設置場所を確保したために、生活が不便になってしまっては大変です。このためサーバーの設置場所を確保できるかどうかは、重要なポイントだと言えるでしょう。また、お水代の料金に対して不満を持っている人もいるようです。ウォーターサーバーのお水はリーズナブルだと言われていますが、ドラッグストアに行けば2リットルのペットボトルのお水を100円程度で購入することも可能です。このためお水の料金が適性かどうかも、十分に考慮する必要があります。

宅配水を選ぶとき、どこにしようか迷っているならまずはネットの口コミを見るのが得策です。口コミをみてどこが自分に合っているのかを比較することが利用する第一歩です。

© Copyright Water Coolers & Accessories. All Rights Reserved.