ウォーターサーバーってなに?メリットは?

最近はウォーターサーバーを家庭に置いているところも多くなりました。ウォーターサーバーとは、機材を家に設置し、その機材に業者から宅配される水を注いで家庭で気軽においしい水を飲めるというものです。機材によって特徴は異なりますが、大抵はコンセントから給電し、いつでも冷たいお水や温かいお湯が出てくる便利なものといえます。ここでは、導入する際のメリット、デメリット、導入に向いている人をまとめてみました。

ウォーターサーバーを導入するメリット

水やお湯を使う機会はそれなりにあります。冷たい水が欲しいとき、水道水なら氷などを入れれば冷たくなります。ミネラルウォーターなら冷蔵庫から取り出し、入れて元に戻す作業が必要です。お湯になるともう少し…

ウォーターサーバーを導入するデメリット

美味しい天然水がいつでも手軽に飲めたり、お湯を使ってコーヒーをすぐに作れたりなど、ウォーターサーバーには様々なメリットがあります。しかし、実際に使ってみなければわからないような、デメリットがいくつ…

ウォーターサーバーの導入に向いている人

赤ちゃんや小さい子供がいる家庭

水が必要な時、水道の蛇口をひねればどんどん出てきます。一応水道料金がかかりますが、ミネラルウォーターに比べると非常に安い料金で大量の水が使えます。しかし水道水には心配事もあります。一応飲むのに安全と言われていますが、カルキ臭であったり消毒されていると聞くと本当に大丈夫なのかと考えるでしょう。もし自宅に赤ちゃんや小さい子供がいるのであれば、ウォーターサーバーの導入を検討すると良いかもしれません。ウォーターサーバーであれば、業者が宅配してくれる安心できる水の利用ができます。赤ちゃんにいいのはミルクを作るのに適しているからです。お湯と冷水の両方が使えるので、うまく組み合わせると赤ちゃん用のミルクをすぐに作れます。

冷水も温水もよく使う家庭にぴったり

夏の暑い時、水道水の蛇口をひねるとどんな水が出てくるかです。結構生ぬるい水が出てきます。しばらくすると少しは冷たくなりますが、それでも飲んで美味しいひんやりした水にはなりません。冷蔵庫で冷やさないと冷えた水を飲むのは難しいでしょう。お茶やコーヒー、カップ麺などを利用する時にはお湯が必要になります。この時にはお湯をその都度沸かす必要があります。飲みたいときにすぐ用意ができません。冷水も温水もよく使いたい家庭に便利なのがウォーターサーバです。こちらでは冷水も温水も出る仕組みがあります。冷水は5度から10度ぐらい、温水は80度から90度ぐらいです。水温の調節ができるものもあるので、好みに合わせて調節しておくと良いでしょう。

ウォーターサーバーの選び方

メンテナンスが簡単か

一般家庭用のウォーターサーバーを長く使い続けたい場合には、機能性や料金、設置場所などにこだわりながら、最新の製品の特長をチェックしてみましょう。特に、ウォーターサーバーの設置後のランニングコストを…

電気代がどれくらいかかるのか

昔は施設に設置されている程度だったウォーターサーバーは、今では各家庭にも設置されています。今は各家庭でも利用する人が多くメリットを最大限生かしています。ウォーターサーバー設置で誰もが気になるところ…

動作音が気にならないか

ウォーターサーバーは内部の水を温水や冷水に保つためにコンプレッサーなどが必要なので、何らかの音が発生するのは仕方ありません。実際に各メーカーから販売されているウォーターサーバーを比べてみると動作音…

ウォーターサーバーのメリット

ウォーターサーバーとは交換式のタンクから冷たい水と温かい水を供給する危機になります。水のペットボトルを購入する必要がなくなり、災害の際の備蓄水としても役立ちます。

© Copyright Water Coolers & Accessories. All Rights Reserved.